蒸気タービン発電機は、廃熱ボイラで発生した蒸気を利用してタービンを回し、発電機で電気を起こす働きをしています。焼却炉でごみを燃やした時に発生する排ガス中の熱を回収して蒸気に変え、エネルギーを作り出す余熱利用のひとつです。発電機は最大で1,950キロワットの発電能力を持ち、クリントピア丸亀内の電力に利用され、余った電気は電力会社へと供給されます。

バイオマス発電とは?

バイオマスとは「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石燃料を除いたもの」と定義されています。クリントピア丸亀では、可燃性ごみを焼却した熱エネルギーを利用して発電しており、その中に含まれる生ごみ、紙ごみ、剪定ごみ等がバイオマスに該当します。近年バイオマス発電は環境にやさしい電力として注目されています。

発電実績




クリントピア丸亀お問い合わせ

住所:〒 763-0083 香川県丸亀市土器町北一丁目72番地2
TEL:0877-56-1144(代) FAX:0877-56-1661

メールでのお問い合わせはこちら